このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

マイペンライヨガ体操 クロスハート本鵠沼・藤沢 | タイストリート

マイペンライヨガ体操 クロスハート本鵠沼・藤沢 | タイのポータルサイト タイストリート

マイペンライヨガ体操 クロスハート本鵠沼・藤沢

  • Check
介護・福祉にもタイヨガを活用

日本でもタイ古式マッサージはだいぶ認知されるようになりました。その中でもヨガやセルフケアの考えを取り入れた「マイペンライヨガ体操」を、お年寄りのためのデイサービスで行っている活動があります。今回は、クロスハート本鵠沼・藤沢にて毎月4回行われている活動を取材させていただきました。

社会福祉法人伸こう福祉会様では、今回お伺いした本鵠沼の他にもいくつか施設を持ち、デイサービス、特別養護老人ホームや保育サービスもあります。2012年にはスタッフ、利用者の総勢170名にもおよぶミュージカルを開催するなど、斬新な取り組みを行っている施設でもあり、マイペンライヨガ体操もそんな取り組みのひとつとなっています。
「マイペンライ」とはタイ語で「気楽にいこう」「何とかなるさ」という意味です。
シニア世代の7つの願い(【さっそうと歩ける】【肩腰膝が楽】【頭がすっきり】【お通じ快調】【むくみ軽減】【心がスマイル】【ぐっすり眠れる】)を叶えるために作成されたオリジナルのヨガ体操だそうです。
一般的にヨガと言えばマットをひいて横になるイメージがありますが、マイペンライヨガ体操は普段使っている椅子だけで
行うことができるとのこと。マットも音楽も必要なく、まさに気軽な体操といえます。もちろん元気な人には立って行う体操もあり、受講者のレベルに合わせた運動量で行えるのも特徴との事。
インストラクターの槇野進也さんは、マイペンライヨガ体操の考案者のお一人で、もともと介護の仕事に従事しており、他にもヨガ教室で指導もされています。

マイペンライヨガ体操に注目!

 
爽やかな鐘の音と共に体操の時間が始まります。30分間、手や足を伸ばし、指を動かし、意識的な呼吸を行ったりと、利用者さんたちにとって癒しの時間となっている事を感じます。
利用者さんはヨガ体操を楽しんで参加されていて、体操をした日は寝付けがよくなったり、夢見がいいなどのお話もありました。マイペンライヨガ体操が目指しているシニア世代の願いが叶えられているのではないでしょうか。

マイペンライヨガ体操を考案した経緯について槙野さんにお伺いしたところ、当初、ヨガだけだと利用者さんのお体にどう触れて動かせばいいか悩んだそうです。そんな中で理学療法士や作業療法士の姿を見て刺激を受け、ほんの少し手を差し出して一緒に動かすことで、体操の効果が深まればと願い、タイ古式マッサージを学びその要素を取り入れたのです。さらにセルフケアコーディネーター石田ミユキさんとの出会いもありマイペンライヨガ体操が生まれたとの事。
この体操は、現在も介護の現場にて新しい体操を取り入れ、どんどん進化しているそうです。また、体操を行うインストラクターについても養成講座を行っており、次回の養成講座は秋に予定されています。
福祉・介護の観点からも、またタイマッサージに関わる方々にとっても新しい視点の活動といえるのではないでしょうか。興味を持たれた方は是非お問い合わせください。

クリックで拡大します

  • photo_11087_1
  • photo_11087_1
  • photo_11087_1
  • photo_11087_1