このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

#1 石田ミユキ | タイストリート

#1 石田ミユキ | タイのポータルサイト タイストリート
 セルフケアコーディネーター / OM NAMO代表

#1 石田ミユキ

  • Check
彼女の隣にいるだけで、何故だかホッとした気持ちになり、自然と癒されてしまう。
しかし、その瞳の奥には揺るぎない信念がある。
一体この“癒し”パワーの源はどこから来るのだろうか。
現代日本。複雑に絡み合ったストレス社会の中で、人間本来の“癒し”を追求し、体現し続ける。
女性から圧倒的な支持を得ている、彼女のその価値観に迫る。
石田ミユキ(セルフケアコーディネーター / OM NAMO代表)
ほんの些細なきっかけが人生を大きく変えた

タイストリート(以下タイスト):まず始めに、OM NAMO(オナモ)を始められたきっかけを伺えますか?

石田ミユキ氏(以下敬称略):そもそものタイ古式マッサージを始めたきっかけは、当時やっていた仕事も忙しく、毎日終電という日々を送っていて、この状態はよくないなと思い、自身の体調管理のために始めました。それから、家族とのコミュニケーションを図るのに実際に肌に触れて愛情を感じるマッサージをやってみよう、と思ったのがきっかけでした。

石田ミユキ(セルフケアコーディネーター / OM NAMO代表)
代表をつとめる「OM NAMO」。タイマッサージ本来の癒しを追求した隠れ家サロンで、一日限定3名、プロが選ぶサロンにも常に選ばれている。
またタイに興味に持ったのは、当時はバックパッカーが流行っていた頃で、友達がバックパッカーで色んな国々を旅していました。帰国後にチェンマイ(※タイ北部最大の都市。古都のため「タイの京都」と呼ばれる)の魅力をたくさん伺って興味を持ち、自分がタイでタイマッサージを受けた時のこと思い出し、ちょっと行ってみようかな、と思ったのがきっかけでした。

10年近く前にタイに行ってタイマッサージを受けたり先生に学んでいるうちに、すごく楽な気持ちになり、タイマッサージってなんだかとても温かい感じがしました。まさか仕事にするつもりはなかったんですけど、せっかく覚えたんだからと、練習相手を探して家族や友達を相手に施術をしていたら少しずつ上達してきて、そうしたら更に深く知りたくなって、またタイに行って先生に習おう!と。

今でこそ少しずつ、タイマッサージが普及してきましたが、当時は隠れ家サロンとかタイマッサージはあまりなかった時代でした。そんな中、友達に「やってみたら!?」と勧められたことをきっかけに、自然と部屋を借り、そうすると、自然と鏡や家具など色々なものをいただいたり、ホームページを作ってくれる方が現れたり、いつの間にか皆さんのお力のもと、OM NAMOが誕生していったような感じでした。出来上がってからは、関係者の方々と、どうやったらお客様が来てくださるのか、知恵を出し合いながら土台を積み重ねていきました。
でも、最初は今のようにたくさんの媒体に取り上げられることはなかったし、まったく宣伝もしてなくって、口コミと、ホームページだけしか知ってもらうツールがなかったんですよ(笑)

タイスト:OM NAMO(オナモ)を作ったのは何年くらい前ですか?

石田:7年前の2003年6月か7月くらいだったかな、最初は池尻でスタートしました。自分に取って、タイマッサージを共有するのに、箱、、、建物や場所はあまり重要でなかったので、都合ごとに何度か引っ越しました。例えば何もない海辺の浜でも良くて(笑)。縁あって居る今のところは古いマンションの一室なんですが、部屋の中は天然杉と珪藻土でできたナチュラル感たっぷりの素敵な空間です。呼吸が気持ちよくできて、カラダとココロが元気になる。ゴージャスで贅沢、より素朴で自然に近い空間の方が私にとってのタイマッサージにマッチしているなあ、と思う今日この頃です。

石田ミユキ(セルフケアコーディネーター / OM NAMO代表)
「ITM渋谷ヌアボーランスクール」主宰。後進の指導にも力を注いでいる。
石田ミユキ(セルフケアコーディネーター / OM NAMO代表)
ハッピーでマイペンライなタイの文化が私を変えた

タイスト:石田さんご自身、タイマッサージを始めて変わられたことってありますか?
石田:昔、仕事していた頃は、私意外と完璧主義者だったんです。タイマッサージを始めてからそういうのが格段に減りましたね。以前は仕事一つとっても、何をするにも、完璧にこなさないと気が済まなくて。
タイ人ってすごく正直で、物事をハッピーに「マイペンライ」ってとらえる国民性があるじゃないですか。そんなタイのゆったりとしていて、且つまっすぐで前向きな文化を日本に伝えられたらいいなと思うんです。タイマッサージを自分の生活の中で役立たせたいし、タイマッサージを通じて、日々の生活に思い悩んでいる方、社会でストレスを感じたり、困ってる人たちと素直に話せる場の提供ができたらいいなと。
私自身、皆さんに緩やかでいいですよねって言っていただけることがあって、実際そうじゃないところで苦しんでいたので、そう言われるとすごく自分自身に自信が持てるし、それはタイマッサージがあったからこそ少しずつ変われたんです、って自信を持って話ができますしね。

「OM NAMO」とは“原点に戻る”ということ

タイスト:お店の名前である「OM NAMO」という言葉はどういった意味があるんですか?またどういう思い入れがあってこのお名前にされましたか?

石田:ご存知の通り、タイマッサージをする時にはまず最初に必ずお祈りをするんです。
そういったお祈りの言葉を「OM NAMO」というのですが、実は当時はあまり深く考えずに、ただ響きがカワイイなぁ、と思ってつけました(笑)。
後々わかったことですが、「OM NAMO」はすごく深い意味の言葉で、“OM” は「宇宙で最初の」という意味で、ヒンドゥー語では「はい」や「すべて受け入れます」というような言葉です。
“NAMO”は南無阿弥陀仏の「南無」で、「帰依」という意味があります。
すごく深い言葉なんですが、私自身皆様にお話しするときは「原点に戻る」という意味としてお伝えしています。

杉には強いリラックス効果があるんです

タイスト:店舗の中に、杉をたくさん使われていらっしゃいますが、これはどういうこだわりでしょうか?
石田:実はもともと、私自身のコンセプトでこのスペースを造ったわけではないんです。
「森と暮らしと心をつなぐ」をコンセプトに活動されていらっしゃる、「私の森.jp」さんから紹介を受けた「適材適所の会」さんというグループがいらっしゃいまして、彼らがもともと持っている「杉には非常に高い価値がある」という考えの中で、どうやったらその価値をもっと世の中に広めていけるのかと模索されていて、その活動の一環でここにショールームを造られたんです。そして、ここで活動するのに合う人材や団体を探されていたとのことで、たまたま私にイベントをやって下さいとお声がかかり、それを機にこちらでヨガ教室などを開催させていただいていたのですが、ここにいればいるほど、ものすごく気持ちがよくて!杉には、ものすごいリラックス効果があるんです。ですので、タイマッサージやヨガをするには、ここは最適の空間。だから、タイマッサージを通じていい形でここを紹介したり、自分自身がいい気持ちでここで過ごしたいと思うようになり、思い切ってここをお借りしたいという話を持ち主さんにしたら、OKを出してくれて。
石田さんならいいよ!という思いで貸してくださったことがとても嬉しく思いました。

ですので、ここは私自身のこだわりというよりも、ここを造った方々のこだわりがとてもいい形で現れている、そんな空間だと思っています。

石田ミユキ(セルフケアコーディネーター / OM NAMO代表)
6月13日 第2回タイマッサージ祭り
石田さん達が主催する、素敵な古民家「和のいえ櫻井」で行う、タイマッサージの小さなお祭り。
ライブマッサージの他に、タイマッサージ関連のワークショップ、おいしいタイ料理やフットマッサージコーナーや物品販売屋台など盛りだくさん。
タイマッサージ祭りではマッサージを通してタイの文化を日本に伝えたい

タイスト:2010年6月13日に開催されるタイマッサージ祭りについて伺えますか?

石田:もともとタイマッサージって、何かとても大げさなものではなくて、昔からタイの庶民の間で広まっていって、家族同士が健康のために施術するものとして存在してきたものなんです。生きていく中で、日常生活をいかに豊かにできるか、その知恵の一つとして存在していたんですね。

だから、タイマッサージを生活に取り入れていくことは、現代においても、家族の繋がりや、心の穏やかさを保つための、大きな手段になることができると思うんです。それをもっと日本の方々にも知って欲しい、という思いからこのイベントを始めました。
一番のメインはライブマッサージというもの。これは、生の音楽とタイマッサージ、そして聴衆、庭で遊ぶ人々がお互いに相手を意識することで調和が生まれ、ハッピーな時間を楽しむという企画。Healing artとしてのタイマッサージを表現するライブパフォーマンスは私が行います。少しでもその場にいる方々と繋がれるといいなぁ、と。 もちろんタイマッサージが中心ですが、タイのお料理、タイの衣服、写真もあったり、色々と紹介します。お家でできるタイ式セラピーやハーブボール作りのワークショップもありますし。また、こちらの古民家ではツリーハウスを建てる企画もあって非常に楽しみにしています。ですから、コンセプトは、「まだタイを知らない方々に、タイという国のその文化をマッサージを通して感じてもらいたい」というものなんです。

このイベントでは、毎年チャリティーも行っていて、収益の一部を寄付をしています。以前はスマトラ沖地震の支援金として寄付したり、あと、去年は着なくなってしまった参加者様たちの洋服を集めてタイにも持っていくなどの活動も行いました。

ヌアボ―ラン的な生き方、ヌアライフのススメ

タイスト:今後の石田さんの夢や展望は?
石田:壮大と言えば壮大ですし、身近と言ってしまえば非常に身近なことではあるのですが、タイマッサージというものが、自分の身近な家族が幸せに暮らすための一つの生き方のツールとして存在する状態にしていくこと。私が伝えたい「ヌアボラーン」的な行き方、ヌアライフ(=「心地いい暮らし」)を皆様に広めていきたいと思っています。

近年、高齢化社会が更に拡大して、家族の中に病気を患って介護が必要になる方が多くなってきています。そういう方にはヌアボラーンが本当に役に立つと思いますし、タイマッサージの体の使い方は、ただの体操ではなく、体のゆとりにつながり、最終的には「マイペンライ」と言える心のゆとりにまでつながってきます。

また、タイ流の生き方を継承することで、医療・介護だけではなく、私が最近力を入れていきたいと考えている、教育の現場、そして産前産後のケアにもタイの文化や考え方を反映させていけるよう、活動していきたいと考えています。つまり、どの世代にもそれぞれに役立つエッセンスがあって。。。皆が繋がれるとうれしいですね。

日本でもかつて行われていたようですが、タイで行っているような身体を温める産前産後のケアが今は盛んではないので、家族が誰でも簡単にできるタイ式セラピーを通して産前産後の身体や心のケアについても伝えていきたいと考えています。当然まだまだ敷居は高いので、いかにそこを突破するかというのも今後の課題だと思います。人を育成することももちろん、そういう分野で活動できるよう、橋渡しをして行けたらいいなぁと思います。

著書「歩けるからだになるために―読むと歩きたくなる本」。からだの仕組みと、心との繋がりを知って、からだと心を自然体にして、“歩けるからだ”を目指しましょう!

道は必ずある

タイスト:最後に、店舗にいらっしゃるお客様や、生徒の皆さんに伝えたい事はありますか?
石田:(とても照れくさそうに)「道は必ずある」
タイマッサージを経験することで、色んな角度から物事を捉えられるようになります。タイマッサージをお客様が受けただけで体が整い、心が癒され、モヤモヤしていたことが「マイペンライ」と考えられる、そしてそれが“健康”につながります。タイマッサージを受けるもよし、学ぶもよし、きっと人生が楽になります。タイマッサージを通じて必ず誰にもあるその「道」を探していきましょう。

タイスト:本日はお忙しい中ありがとうございました。
石田:こちらこそ、ありがとうございました。

石田ミユキ(セルフケアコーディネーター / OM NAMO代表) 石田ミユキ
セルフケアコーディネーター。1974年兵庫県生まれ。
2001年よりMasterチョンコルセタコーンに師事し、「ヌアライフ」を始めてから健康面が上向きに。
そんな自身の体験をきっかけに、企業や地域の女性に向け「靴と足とココロ」を融合したタイ式セラピーの普及活動を行う。また医療施設にて疼痛緩和の施術にも取り組んでいる。
著書「歩けるからだになるために―読むと歩きたくなる本」出版(BAB出版)。
タイ式ヨガを通し、しなやかな日本女性として抜擢され、2006年資生堂 TSUBAKI(つばき)CM~ヨガ偏~に出演。
現在はタイ古式マッサージ&タイ式ヨガサロン「OM NANO(オナモ)」代表、また「ITM渋谷ヌアボーランスクール」を主宰し、幅広いフィールドで活躍できる人材育成にも力を注いでいる。

■タイ古式マッサージ OM NAMO http://www.om-namo.jp/
■ITM渋谷ヌアボーランスクール http://www.om-namo.jp/school/

#1 石田ミユキ を見た方はこちらもご覧になっています。

歩けるからだになるために ― 読むと歩きたくなる本 | タイのポータルサイト タイストリート

著者 石田 ミユキ
人生をよりよく生きるために伝授する、本当の美しさを追求しながらも読みやすく書かれた一冊です。
第3回 タイマッサージ祭り@古民家 和のいえ櫻井 2011 | タイのポータルサイト タイストリート

古き良き古民家で行われるタイ古式マッサージのお祭り。
第2回 タイマッサージ祭り@古民家 和のいえ櫻井 2010 | タイのポータルサイト タイストリート

古き良き古民家で行われるタイ古式マッサージのお祭り。
ITM渋谷ヌアライフスクール | タイのポータルサイト タイストリート

あの石田ミユキ先生が直接指導。タイ政府文部省認定タイ古式マッサージスクール!
隠れ家サロン オナモ | タイのポータルサイト タイストリート

あなたのセルフケアをお手伝いする癒しの隠れ家サロン